トップページ > 症例紹介

症例紹介 

陽子線治療―症例紹介 

舌がん

進行舌がんを手術で治療すると、舌を大きく切除することで話しにくくなったり、食べ物が飲み込みにくくなるなどの後遺症が残ります。当院では従来の放射線治療+全身化学療法+動注化学療法+陽子線治療を組み合わせることで、機能を温存しつつ手術に匹敵する治療成績を上げています。

舌がん

70代 男性
舌がん T4aN2cM0 SCC

舌がん
舌がん

60代 男性
舌がん再発 rT4aN2cM0

舌がん
舌がん
舌がん

左舌がん(扁平上皮がん)
60代 男性

舌がん

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る
Copyright (C) 2008 Southern TOHOKU Proton Therapy Center. All Rights Reserved