トップページ > 治療対象となる主な病気

治療対象となる主な病気 

陽子線治療に向いているがん 

現在、陽子線治療に向いていると考えられるがんは、頭頸部(鼻腔や副鼻腔、唾液腺・頭蓋底など)、肺、肝臓、前立腺、膀胱、食道、膵臓などの原発性がんに加え、直腸がん術後の骨盤内再発や単発性の転移性腫瘍(肝転移、肺転移、リンパ節転移)などがあります。
すべてのがんが陽子線(粒子線)で治療できるわけではありません。先行する治療施設での経験により、からだの中でがんができた臓器により、陽子線には得意・不得意があることがわかっています。
※実際に治療ができるかどうかは部位の他に、がんの大きさや進行の状態、体力も考慮して決めます。

詳しくは「表:南東北がん陽子線治療センターで治療できるがん」をご覧下さい。

表:南東北がん陽子線治療センターで治療できる"がん"

がんの部位病名総線量回数/期間
脳腫瘍 60〜70GyE 30〜35回/6〜7週
鼻・顔面・のど等・耳鼻科領域 頭頸部がん 60〜70GyE 30〜35回/6〜7週
食道 食道がん 60〜70GyE 30〜35回・6〜7週
非小細胞肺がん 66GyE〜80GyE 10〜35回/2〜7週
肝、胆、膵 肝がん、胆道系腫瘍 66GyE〜80GyE 10〜35回/2〜7週
肺・肝・骨・軟部・リンパ節 転移性腫瘍 66GyE〜80GyE 10〜35回/2〜7週
骨盤部 直腸がん術後
骨盤内局所再発
60〜80GyE 30〜40回/6〜8週
前立腺 前立腺がん 74〜78GyE 37-39回/7.4-8週

国内の他の陽子線(粒子線)治療施設ではこれらの臓器の他に、子宮や腎臓などの部位のがんに対しても試験的な陽子線(粒子線)治療が行われており、有効性が評価されつつあります。

※治療部位や線量、治療回数などは代表的なものを掲載しています。詳細については公益社団法人日本放射線腫瘍学会(JASTRO)ホームページをご覧ください。

南東北がん陽子線治療センターで治療できる"がん"
ページトップへ戻る
Copyright (C) 2008 Southern TOHOKU Proton Therapy Center. All Rights Reserved