トップページ > 治療対象となる主な病気 > 前立腺がんの陽子線治療

症例紹介 

前立腺がんの陽子線治療 

・主な適応
 リンパ節転移、遠隔転移がない前立腺癌。

・陽子線治療
 1日1回で週5回の治療を行います。

 以下のように3つのグループに分けて治療を行っています。
 低リスク群は陽子線単独で治療し、中高リスク群は内分泌療法を併用しています。

 低リスク:T1-T2aかつGS2-6かつPSA<10。
      ⇒陽子線治療単独で37回治療します
 中リスク:T2b-T2cまたはGS7またはPSA10-20。
      ⇒内分泌療法を3-6か月程度行いPSAが低下してから陽子線治療を37回行います
 高リスク:T3-T4またはGS8-10またはPSA>20。
      ⇒内分泌療法を3-6か月程度行いPSAが低下してから陽子線治療を39回行います

・治療効果
 3年生物学的PSA非再発生存率:98.4%

・主な副作用
 治療中は頻尿、尿道狭窄などが生じる可能性があります。
 治療後に直腸出血が生じる可能性があります。
 Grade2以上の直腸出血率は1.3%です。

陽子線治療の線量分布とIMRT線量分布の比較

線量分布の比較線量分布の比較
陽子線治療の線量分布              IMRT(強度変調放射線治療)線量分布

ページトップへ戻る
Copyright (C) 2008 Southern TOHOKU Proton Therapy Center. All Rights Reserved